基本政策 基本政策

近藤昭一氏が目指す社会

なぜ「自助」だけではなく、「共助」「公助」が必要なの?

日本は経済大国なのに、なぜこんなに生きることが苦しいのでしょうか。現在の平均的収入で子どもを育て学校に行かせ家を建て老後に備えることもできない。まして、何が(病気、事故など)起こるかわからないにもかかわらず、競争至上の「新自由主義」のもと、「自己責任」論の社会だからです。収めた税金が、教育、子育て、医療、年金、介護、福祉など、誰も(社会)が必要とする公的サービス(ベーシックサービス)に十分に配分されていないのです。
まして、個人の力ではどうしようもない時が多くあります。かってのリーマンショックや今回の新型コロナ感染症もそうです。大企業でも、雇用調整助成金制度等の仕組みが大きな役割を果たしました。それぞれでは解決できない課題を克服するのが「共助」「公助」なのです。